巻き爪治療の費用ってどのくらい?

私も最初、病院での治療について費用とかいくつかの疑問がありました。 当初の私のように病院での巻き爪治療っていうけど、いったい費用はどのくらいかかるの?って疑問をお持ちの方もいると思います。 そこで巻き爪治療の費用を具体的に調べてみましたので参考にしてください。

巻き爪治療の費用についてですが、巻き爪の症状や診察してもらう病院によっても費用は異なります。 また、保険が適用される治療と適用されない治療もありますので、ここではおおよその目安として考えてください。

まず、巻き爪の症状がひどい場合、手術によって巻き爪を治療する必要があります。 手術による巻き爪治療法は、フェノール法、爪母全切除法があります。どちらの手術にも保険が適用されます。 費用の目安としては、フェノール法で約5,000〜8,000円程度、爪母全切除法で約15,000〜20,000円程度の費用が目安になります。

フェノール法は痛んでいる患部に局部麻酔をして、薬剤で爪の根元を焼いてしまう治療法です。 麻酔も局部麻酔で済むので比較的簡単な手術になります。

もうひとつの爪母全切除法の手術ですが、こちらは重度の方の巻き爪治療に適した手術になります。 この手術は巻き爪の一部を切除するものとは異なり、爪自体を取ってしまう手術です。 爪を取ってしまうので、爪が生えてくる事がないため巻き爪になることもありません。 巻き爪に悩むことは二度とありませんが、見た目的や精神的に辛い思いをする場合があります。

爪母全切除法は巻き爪の痛みから解放される為、歩きやすくなるというメリットはありますが、爪を残しておきたい方には向かない手術です。 手術を行う際には担当の医師と良く相談をするのが良いと個人的に思います。

続いてワイヤー法による病院での治療費用ですが、保険適用がされない分、費用はやや高めです。 ワイヤー法はVHO法とマチワイヤー法がありますが、費用の目安は10,000〜15,000円程度。 ただしワイヤーを張り替える必要があり、治療後の通院費用も必要になります。 通院費用は一回につき2,000〜5,000円程度が目安になります。

今や巻き爪治療法でメジャーなのが、ワイヤー法という治し方。 爪の両端に穴を開けてワイヤーを通し、爪の両端からワイヤーの引っ張る力を使って巻き爪を矯正します。 歯医者さんの歯の矯正と同じような感じです。なので歯の矯正のようにワイヤー交換が数回必要になります。 保険が適用外なので完治までの費用合計は30,000円〜40,000円前後と考えておけば大丈夫でしょう。

最近の巻き爪治療では、爪を切除する治療方法ではなく、ワイヤーで矯正する治療方法が主流となってきています。 ワイヤー使った矯正治療では、手術はしませんが保険の適用外のため、費用が少し高く感じるかもしれません。

自宅で自分でできる新しい矯正器具
  • 生まれて初めて巻き爪になりました。 病院にはどうしても行きたくはなかったので、いろいろ巻き爪のことを調べて、自分で巻き爪を矯正して治しました。 今は良い矯正器具があります。巻き爪でお困りの方がいれば参考にしてください。