病院での巻き爪の治療は何科に行けばいい?

ある程度の巻き爪は自宅での矯正で治りますが、矯正が遅れて巻き爪が悪化して化膿したり、どうしても我慢できない痛みがある場合はやはり病院での治療が必要になります。

でも、いざ病院へというときに、巻き爪は何科で診察を受けたらよいのか分からないという方もいると思います。 そこで、ここでは病院での巻き爪の治療は何科に行けばいいのかを紹介したいと思います。

一般的に巻き爪の治療ですが、爪は皮膚の一部に分類されるので病院は皮膚科になります。 他にも、一般外科や整形外科、形成外科、美容外科などでも巻き爪の診察が受けられます。

巻き爪や陥入爪がひどくなって外科的な専門治療や特殊な治療を受ける場合には、整形外科や形成外科に行く方が多いようです。

巻き爪はひどくなる前に対策や治療をするのが理想です。

放っておいて化膿した傷口から雑菌が入り、特別な治療を受けなくてはいけなくなるのも辛いものです。

日頃から、爪に負荷がかかる靴や爪の切り方を注意するのも大切ですが、巻き爪が原因で化膿したり痛みがある場合は早急に病院へ行きましょう。

自宅で自分でできる新しい矯正器具
  • 生まれて初めて巻き爪になりました。 病院にはどうしても行きたくはなかったので、いろいろ巻き爪のことを調べて、自分で巻き爪を矯正して治しました。 今は良い矯正器具があります。巻き爪でお困りの方がいれば参考にしてください。