病院での巻き爪治療方法についてです!

病院での巻き爪治療方法についてですが、巻き爪には様々な形や症状があり、その症状に応じて病院での治療と治し方が違います。

巻き爪の治療では手術や矯正がありますが、ほとんど痛みがないものや痛みを伴うもの、または保険が適用されるものや保険が適用されないものなど、その症状に応じても様々です。

このように、病院での巻き爪治療は選択肢が意外に多いので、事前に調べて症状に合わせた病院選びを行うことも大切ですね。

病院での巻き爪治療画像

治療内容は保険適応内での巻き爪手術や保険適応外での巻き爪矯正など、あらかじめインターネットや電話などで治療方法を確認してから診察を受けるのが大事だと思います。

巻き爪を治す手術方法は大きく2つ。一つはフェノール法と呼ばれる手術ともう一つが全抜爪手術(爪母切除)です。 どちらも保険が使えるようなので、治療の費用は安く済むと思います。

他にも内服薬などを使った治療やワイヤーやプレートを使った矯正治療などがあります。 ワイヤーやプレートを使った矯正治療は即効性はありませんが、メスなどを使った手術ではないので身体へのダメージは少ないです。 その代わりに保険がきかないので治療費が少し高額になる場合があるようです。

矯正治療は大きく分けてワイヤー法プレート法と言われるものがあります。 ワイヤー法にはVHO法(コレクティオ)やマチワイヤー法があって、VHO法(コレクティオ)は爪の両端に針金状のものを掛けて、それを引っ張って巻き爪を矯正していく方法。 もう一つのマチワイヤー法は爪を伸ばしてから爪の両端に穴を開けて、開けた穴にワイヤーを通してワイヤーの戻ろうとする力を使って爪を矯正する方法となります。

ワイヤー法はその日からお風呂やシャワーもOKで普段通りの生活ができますが、病院に定期的に通うことになるので保険が使えない分、高額な治療費になる場合があります。 また、マチワイヤー法は矯正力が強いので、完治までの時間が比較的に短くて済みますが、爪に穴を開けるので爪が痛む原因にもなり、こちらも保険が使えない分、治療費が高めです。

最後にプレート法も簡単に紹介します。 プレート法は、戻る力のある反発プラスチックや金属を爪に貼りつける巻き爪の矯正法です。 プレートなので爪を傷つけることなく、痛みもなく矯正できます。ただし、矯正力が弱いのが難点と言われています。

以上、病院での巻き爪治療の方法は爪の様々な形や症状により治し方が違います。 詳しくは専門の病院で確認してみて下さい。

自宅で自分でできる新しい矯正器具
  • 生まれて初めて巻き爪になりました。 病院にはどうしても行きたくはなかったので、いろいろ巻き爪のことを調べて、自分で巻き爪を矯正して治しました。 今は良い矯正器具があります。巻き爪でお困りの方がいれば参考にしてください。