親子で巻き爪になって健康被害と感じたことについて。

高い靴を履くことが多い女性の方や革靴を履いて一日中外回りをする営業マンの方など、年齢や性別、職業や生活環境はさまざまでも、ここ最近、巻き爪の痛みに悩まされる方が増えているそうです。

散歩の画像

恥ずかしながらうちは親子で巻き爪になって、巻き爪が原因で健康被害を感じました。

一番感じた健康被害は巻き爪になってまともに歩けないこと。

愛犬の散歩はできないし、買い物や出掛ける機会が極端に少なくなりました。 また、母は巻き爪が原因で腰と膝を悪くしてから旅行や散歩の機会も少なくなりました。大好きだった旅行も約二年半はまったく行かなかったと思います。

よく、歩く(ウォーキング)ことは健康のバロメーターとされ、運動不足解消や生活習慣病の予防になると言われています。 歩くことは脂肪の燃焼効果にも優れ、ダイエット効果も期待できる健康法の一つです。

歩くことは運動強度が少ないことから母のような年配の方はもちろん、運動が苦手な男性や女性の方にも簡単に出来る健康法。 歩くことはとても手軽な運動で、誰でも毎日行なうことができるし、歩くことによって健康を取り戻すことも可能だと思います。

しかし・・・、巻き爪により歩くことが困難になってしまうと、手軽な健康法も出来なくなります。 まさに巻き爪によって母と私は健康被害を感じました。

健康は何より大事です。 このような健康被害に陥らないためにも、巻き爪になったら早めの対処が大事だと思いました。

  • 生まれて初めて巻き爪になりました。 病院にはどうしても行きたくはなかったので、いろいろ巻き爪のことを調べて、自分で巻き爪を矯正して治しました。 今は良い矯正器具があります。巻き爪でお困りの方がいれば参考にしてください。