巻き爪の種類と症状についてのまとめです。

巻き爪は、足の指にある爪の両端が内側に湾曲した状態で、巻き爪にも種類があります。 私の場合は当時、比較的深刻な中度から重度の間くらいでした。今となれば痛くなった原因は、放っておいたのが巻き爪を悪化させた原因だと思ってます。

巻き爪種類の画像

巻き爪は比較的に軽度なものから中度の状態、または激しい爪の食い込みによる重度の状態があり、大きく3種類に分類されます。 専門的には陥入爪(かんにゅうそう)弯曲爪(わんきょくそう)爪甲鈎弯症(そうこうこうわんしょう)と言われます。 中でも多いのが爪が周囲の皮膚に食い込んで痛みが生じる陥入爪(軽度)。陥入爪の症状が最も多いようです。

巻き爪は、場所や状態によっても違います。爪の食い込みによって痛みを伴う炎症が起きたり、化膿してしまったりするケースもあります。

巻き爪と一言でいっても、巻き爪にも種類がいくつかあるのです。 中には巻き爪だと思っていたら違うものだったという場合もあるようです。

重度の巻き爪の画像

まずは自分の巻き爪の種類を知って、その巻き爪に合った治療法や矯正をするようにするためにも、自分がどのようなタイプの巻き爪なのかを知ることが重要です。 自分では治せないほどの重度の巻き爪になっていれば、もちろん病院に行ってそれなりの処置をしなければなりません。

巻き爪がさらに重度になると、両側の爪が食い込んだところから内側に巻き込む状態になります。 こうなってしまうと歩行時に強い痛みを感じて歩行時はかなり痛み、生活に支障をきたします。

まずは自分自身の巻き爪の状態と種類を知って、正しく早めの処置を心がけましょう。 今は自分で出来る巻き爪矯正キットが便利です。ほとんどの巻き爪症状に対応していますので参考にして下さい。

巻き爪は、矯正治療した後も再発しないためのケアが必要不可欠。巻き爪は再発率が非常に高いのが特徴で、その後のケアが大切です。 しっかりケアさえしていれば、巻き爪はそれほど厄介なものではありません。

  • 生まれて初めて巻き爪になりました。 病院にはどうしても行きたくはなかったので、いろいろ巻き爪のことを調べて、自分で巻き爪を矯正して治しました。 今は良い矯正器具があります。巻き爪でお困りの方がいれば参考にしてください。