巻き爪の種類の陥入爪(かんにゅうそう)について。

まずは陥入爪と書いて『かんにゅうそう』と読みます。 陥入爪は、爪が伸びてきた時に爪の両端の角が指の肉に深く食い込んだ状態をいいます。

陥入爪の画像

爪の両端が皮膚に刺し込み、周囲に痛みや赤み、または腫れや炎症がみられます。 腫れるとさらに爪の角が肉に埋もれた状態になるので、これが悪循環になってしまい困るのです。

陥入爪になる最も多い原因は深爪です。 深爪になりやすい方は、清潔さを保ちたいがために切りすぎてしまう傾向にあるようです。 深爪をすること自体が皮膚にとって悪影響なので、正しい長さを保つようにきちんと心掛けましょう。

また、陥入爪が悪化すると食い込んでいる部分に雑菌が侵入して化膿を起こし、膿んでしまうことが多々あります。 こうなると最悪でさらに痛みが強くなる状態が続きます。

また、炎症が長く続くと出血しやすい肉芽(にくげ)を形成します。 肉芽は肉芽組織からの汁で周囲の皮膚がただれ、爪が柔らかくなるため爪の変形が起こりやすくなります。くれぐれも気をつけましょう!

  • 生まれて初めて巻き爪になりました。 病院にはどうしても行きたくはなかったので、いろいろ巻き爪のことを調べて、自分で巻き爪を矯正して治しました。 今は良い矯正器具があります。巻き爪でお困りの方がいれば参考にしてください。